個性溢れるオリジナルウエディングで一生の思い出に

結婚式への参列

教会で行う結婚式に参列する場合の注意点

結婚式をするにあたってどのような挙式にするのか選ぶことができます。たとえば、主に親族のみが参加となる、神殿で新郎新婦が和装を着て行う結婚式。親戚のみならず友人知人も参加できる、教会で新郎新婦が洋装で行う結婚式、などさまざまあります。近年では参列者全員と教会で結婚式をするのが人気になっています。 教会で行う結婚式に招待された場合、注意しなければならないことがあります。まず、教会によっては写真撮影禁止のところもあります。事前に確認し撮影可能な場合のみ撮影するようにしましょう。 また、新郎新婦が歩くバージンロードは特別なものなので、参列者が歩いていけません。係り員の指示に従い移動し踏まないようにしましょう。

神聖な式からオリジナルの式まで

教会で行う結婚式もさまざまな形があります。教会式とは結婚する2人が神の祝福を受け、参列者全員に見守られながら永遠の愛を誓う方式です。入場から退場までの流れが決まっており、教会で行う結婚式で最も神聖な雰囲気の中で行われます。 近年人気になっているのが人前式です。人前式は形式にとらわれず新郎新婦の考えたプログラムで行われ、参列者が結婚の証人になるという形式です。そのためアットホームな雰囲気の結婚式になることが多いです。教会式で読み上げる誓いの言葉は決まっていますが、人前式の場合オリジナルの誓いの言葉にすることもできます。 教会で行う結婚式も多様になっています。結婚式に参列する場合はどのように行われるかを楽しみにするのもよいでしょう。