個性溢れるオリジナルウエディングで一生の思い出に

二次会の代行依頼

二次会代行、使わなきゃ損かも

結婚式の二次会といえば、今まで仲の良い友人に幹事をお願いして…というのが一般的でした。 しかし、この人なら引き受けてくれそうと思っていた人に断られてしまったり、無事に幹事が見つかっても会場やタイムテーブル、みんなでやるゲームなど何度も打ち合わせが必要だったりで、挙式や披露宴の打ち合わせと合わせると結構大変だったりします。 そんな時に助かるのが二次会代行サービスです。最近この二次会代行を行う会社も増えてきて、それぞれの会社でパーティーが盛り上がるような工夫をたくさん取り揃えてくれています。 会場の紹介から進行プログラムやゲームの企画、名札・招待状作成、景品の用意などのパーティーまでの準備、さらに当日の設営・受付、司会進行まで全て二次会代行業者が行ってくれるいたれりつくせりなサービスなのです。

便利なのはわかるけど予算が気になる…

二次会代行サービスがなんでもやってくれるのはわかったけど、その分値段もかかりそう…と考える方も多いと思います。 当然業者に頼むわけですから、相応の金額の支払いは必要になってきます。 ですが、代行会社によっては自己負担額ゼロのプランを設定しているところもあるのでご安心ください。 どうして自己負担額がゼロになるのかというと、ゲストの方から集める会費にカラクリがあるのです。 通常は会場の定めた飲食料金にゲームの景品などの雑費を上乗せした金額になるかと思いますが、そこに更にプラン料金分が上乗せされた会費を設定するようになっています。 新郎新婦側の負担金はゼロになりますが、ゲストの方からいただく会費が少々高くなってしまうので、その点はよく考えて利用したいところですね。